1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

MOJO WORLD! コラム 日記 詩 雑記 


プロフィール

mojo

mojo

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ翻訳
カテゴリー#
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別(表示数指定)
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: コラム

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ひとり言のようなもの
「今日は 何時に起きても良い!」
こんな日を 週に一度は作っている。
と言っても 午後まで眠り続けることはないのだけれども・・・。

先日 久しく連絡がなかった 友人からの電話で 目が覚めると 
受話器の向こうから「ゴソゴソ ゴソゴソ」・・・と そんな 音が永遠と続く。

心配になって 一度 切り 再度かけなおして見ると 元気な声 が返ってきた。
一時期 仕事の事で悩んでいただけあって その声に こちらまで 嬉しくなる。 
どうやら ひと段落付いたようだった。そして、早速 今週の土曜に 会う事が決まった!

それから 数日後、
別な友人からも 突然「謝り」のメールが来た。
去年の中盤に 会ってから それっきり。

そんな友人は 珍しくもないので 特に気にはしていなかったのだけれども
頼んであった仕事があったので ずっと気にかけていてくれたらしい。
あれから 1年以上、一身上の事が 手短に書かれていた。
人には色々あるのだから 元気であればそれで良い。

ある友人と話をしていて
友人夫婦の話を 色々と聞かされた。
どこもかしこも 問題が多い!

そこで、「会いたい」と思う原理を 自分なりに解いて見ると
いつも会っていれば 「会いたい」と思う気持ちは 薄れてゆくもの。

いつも 同じ場所に居て 同じ事をして 同じ話をしていれば 
やがて それは慢性化して いつしか 飽きが来てしまう。

だから、たまには 会わないようにする事が必要である。
会わなければ 「会いたい」が 再燃するのではないでしょうか!

いつも一緒に居る事だけが 仲の良い証ではないと思う。
会いたいと思う気持ちは 会えないから 思うものである!

人は 外に出る事が 大切である!

外に出るという事は 近場の繁華街や 飲み屋へ出かける事ではなく、
本当の意味での 「一人旅」が必要だという事で、
自然のある場所や 海外へ行き 違う空気を 存分に吸う事である。

しかし、これは 変な樹海へ行ったり 戦地へ行く 事ではない。

旅人同士が 集まると その話は尽きない!

上記の内容とは 関係がないのだけれども 
幸福の量は一定であって 誰かが 幸福になると 誰かが不幸になると聞いた事がある。
でも それって 本当なのだろうか?

種族の寿命とその数は 統計学上 反比例すると聞いた事がある。
生物は 寿命が伸びると 数は減り 数が増えると 寿命が縮まると言う。

街を見渡すと いろんな風貌の人達が居る。
例えば ハデ系の男や女の子 パンク風 レゲー風 インテリ風 
よく見かける おじさんや おばさん・・・etc。
そんな感じに 人の風貌を区分けすると 
その風貌の人口は いつも 一定であるような気がする。

人は時と共に 入れ替わり立ち代り その風貌に 誰かが当てはまり 
数年後には 違うキャラクターへと 移動するのであろう。

ある風貌だけが 極端に増える事はない。
学生が いつまでも 学生であるわけないように・・・。

何が言いたいのかと言えば、特に なにも無い。
ただ ダラダラと 思いついた事を 連ねているだけ・・・。

最近 トラックの中で ラジオを聴いている。
その中で 天気の情報を よく耳にするのだけれども 
近年 季節がずれ込んでいるらしい。

異常気象の原因は 地球の温暖化や 大気圏外に浮遊する 
使い物にならなくなった人工衛星のせいだとか・・

そう言えば 今年、中国がミサイル実験で 衛星を爆破させ 
その粉塵が 地球を汚染する程に 散らばっている。
そんな 衛星写真を見た事がある。

それはさておき 「この台風が過ぎれば 猛暑が戻る」だの いろいろ聞くけど 
多少 暑くなったとしても 至って そんな事気配を 感じる事はない。

突っ込まれた 気象予報士の 必死にな 弁明が ラジオから流れる。
資格やデータの 集積よりも 漁師や 登山家の方が 天候を知っているような。

やはり 9月も後半。
朝夕 涼しく 町並みも しっかりと 秋の気配がしている。
少しずつ ノスタルジーな 季節になって行くのだろう!

今年中に出来る事は やって置かないと! 

テーマ : ひとりごとのようなもの    ジャンル : 日記

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。